よし、ダイエットは食事でする!

ダイエットと食事量の関係

ダイエット目的で食事量を減らす人がいますが、それは正しいダイエット方法とは呼べない場合が多いようです。


痩せるには食事量を減らすことは大切です。


ですが、食事量を減らすことによる弊害も存在するため、ダイエット=減食と考えるのは問題があります。


ダイエットで食事制限をすると、体内では防御本能が刺激を受け、わずかな量の食事でも脂肪を蓄積し体重をキープできるようになってしまいます。


ダイエット中に体重減少が途絶える時期がこれに該当します。


ダイエット効果が出ないからと諦めてしまい、食事量をダイエットする以前に戻すと食事制限により脂肪蓄積機能が高まった状態ですから一気にリバウンドしていまうのです。


ダイエットを成功させるために大切な点は、痩せる効果が低い時期も諦めることなく継続するようにする点です。


食事の栄養バランスが良くないと貧血症や月経不順、便秘症状といった悪影響が生じる時があります。


無理して食べる必要はまったくないですが、健康的に痩せられるように食事量は減らしても食事の質は保つようにします。


ダイエットには、食事とともに運動がポイントです。


食事制限を正しく行いつつウオーキングなどの有酸素運度をしていけば効率的に痩せることができ、さらに健康的な美しさも獲得できるはずです。


ダイエットの食事制限は計画的にして、スリムな体型を目指しましょう。

姉妹サイトなど

スポンサードリンク